基本知識

学生向けクレジットカードの作り方講座!気軽にクレカを発行するために知りたいこと

大学生に進学するとちょっと背伸びをして、高校時代にはできなかったことにも挑戦してみたいと思う人って結構多いと思います。

その中でも特に使い勝手が良く、将来のことを見据えて用意しておきたい『クレジットカード』は、最近の大学生の必需品と言っていいほどのものになりました。

しかし…まだまだその作り方を知らない方もちらほらといるように見えます。

そこで今回は『初めてクレカを作る』学生さんに向けて、必要なモノから作り方の流れまでを徹底解説!

気軽にクレカを発行して使っていくためにも、知っておきたい情報をまとめてみました!

【おさらい】学生向けのクレジットカードを作れるのはどんな人?

「そもそもクレジットカードって何歳から作れるんだっけ?」

こんな質問をされたときに、アナタは答えることが出来ますか?

実はクレジットカードによって、審査基準にある年齢は違うことが多いですが、学生向けのクレジットカードは、ほとんどが“18歳から作ることが可能”なんですよね。

ただ、学生の種類によっては作れないこともあります。

ということで、ざっくりまとめてみました!

学生の種別 クレジットカードは作れる?
大学院生 作れる(学生カードは微妙なライン)
大学生 作れる
専門学生(短大生) 作れる
予備校生 作れる(一部作ることが出来ません)
高等専門学生 作れる(一部作ることが出来ません)
高校生・中学生 作れません

こうしてみてもらうとわかりますが、だいたい学生専用のクレジットカードを発行できる人は大学生・専門学生(短大生)が基本となります。

わかりやすく、運転免許証の発行とほぼ一緒と覚えておくと良いですよ。

ちなみに…学生専用のカードはほとんどが18~25、26歳までの方を対象にしているため、大学院生はカードの種類によっては、学生向けの学生専用クレジットカードの発行が出来ない場合があります。

同様に高等専門学生も4年制や5年制といった場合のみは作れるのですが、18歳未満だと発行できないので注意が必要ですよ。

【事前準備】学生向けクレジットカード申込時に必要なモノを準備しておこう!

さて、学生向けクレジットカードの申込基準を見たところで、さっそく作り方を紹介…と言いたいところですが、必要書類を用意しておくことで、申し込みから受け取りまでをスムーズに行うことが出来ます。

と言っても、用意してほしいものは以下の4つ(5つ)だけ。

【学生向けクレジットカード申込に必要なものチェックリスト】

・クレジットカード代金を引き落とすための銀行口座(通帳など)
・本人確認ができるもの(学生証・自動車運転免許証など)
・自宅電話または携帯電話番号
・メールアドレス
※未成年の場合:親権者(保護者)の印鑑と同意書

特に学生は、カード受け取りの際に本人確認が必要となるので、学生証や運転免許証などは用意しておきましょう。

また、20歳未満は親権者の印鑑は、カードの受け取り時または親権者の同意書が届き次第必要となりますよ。

学生向けクレジットカードの作り方とその流れ

申込時に必要なモノは揃いましたか?
それでは学生向けクレジットカードの作り方を見ていきましょう。

クレジットカードの契約は基本的に2通り

学生向けクレジットカードの申し込みは、基本的にオンライン申込か、書類送付申し込みの2パターンだけ。

クレジットカードの中には、百貨店などで申し込みできるものもありますが、一般カードが主流となっているので今回は省かせていただきますね。

それでは早速見ていきましょう!

【オンライン申込編】クレジットカードの作り方・発行までの流れ

オンラインで学生向けカードを作るときは、以下の流れとなっています。

1.インターネットでクレジットカードの公式サイトにアクセス
2.必要事項を記入して申し込みをする
3.入会審査が行われる
4.在籍確認が行われる
5.審査結果が出次第発行

この中で注意してほしいのが、『必要事項入力』の場面。

学生の方は住所・氏名・年齢のほかに、学校名と学年、卒業予定年月、年収の記入が必要です。

ただ、年収に関してはバイトをしていない場合は「0円」と記入しても、問題はありません。

というのも、学生向けのクレジットカードは、そもそも『収入が少ない学生』を対象に発行できるカードの為、将来を期待して先行投資のつもりでカード会社は発行手続きをします。

つまり、先行投資としての意味合いが強いんです。

しかも、限度額を低めに設定することで、支払いトラブルなどのリスクを抑えているので、安心してクレカを発行してくれます。

そのため、万が一バイトをしていなくても、何ら障害にはならないってワケですね。

【書類送付編】クレジットカードの作り方・発行までの流れ

次に書類で送付して申し込む方法の、学生向けクレジットカードの作り方と発行の流れを見ていきましょう。

流れとしては、オンライン申込とほぼ変わらず、下のような流れとなります。

1.公式サイトから、申し込み用紙を取り寄せる
2.必要事項を記入して申し込み用紙を郵送する
3.入会審査が行われる
4.在籍確認が行われる
5.審査結果が出次第発行

どうしても郵送すると時間がかかってしまうので、素早くカードを発行したい場合はオンライン申込の方がスムーズといえますね。

申し込み完了から審査完了までの期間・発行して届くまでの期間はどれくらい?

そんな学生向けクレジットカードですが、申し込み完了から審査完了までの期間や、発行してお手元に届けられるまでの期間は、正直カード会社によってまちまちです。

ただ、だいたい届くまで1週間ほどの期間が必要になるので、前もって申し込みをすることをオススメしますよ。

学生向けクレジットカードの審査に不安…ここで解決しちゃいませんか?

ざっくりと学生向けクレジットカードの作り方を紹介してきましたが、いかがでしょうか。

『案外簡単じゃね?』
なんて思いませんか?

コレは学生向けのクレジットカードではなく、クレカ全体に言えることですが、基本的に必要事項に漏れがないように申込さえすれば、後は審査結果を待つばかりなんですよね。

ただ、それでもやっぱり審査に不安を覚える方も多いと思います。

そこで、ここからはそんな方に向けて、審査を行う時に不安になりがちなポイントをいくつか紹介していきましょう。

バイトをしていないんだけど…審査に落ちない?

先ほども言いましたが、審査に影響することはほとんどありません。

そもそも、学生向けのクレジットカードは、そもそもカード会社が将来継続利用をしてもらうことを見据えて発行しているカード。

そのため、学業が本分の学生の収入はあまり見ないようにしています。

一般カードを申し込むときはそうはいきませんが、学生向けクレジットカードは基本的に申し込みに不備がなければ審査落ちはまずないと思っておいていいでしょう。

ただ、支払い時が遅れるとそうはいかなくなってくるので、クレジットカードを申し込む際は、ある程度の収入源を確保しておいた方が良いですよ。

バイト先に電話はかかってくる?

基本的に学生向けクレジットカードで、バイト先の情報を尋ねられることはありません。

カード会社によっては、アナタがクレジットカードを申し込んだ際にバイトをしているのであれば、電話がかかってくる場合がありますが、個人名で「○○さんいらっしゃいますか?」とかかってくるので、申し込みの審査とバレることはないです。(こういったケースはほとんどありません)

それでも『バイト先に電話がかからないようにしたい!』と思うのであれば、ちょっとずるがしこい考えになりますが、申し込み時の年収記入欄に0円と入力しておけば大丈夫です。

ただし、その場合保護者に連絡が行くので一言添えておきましょうね。

奨学金をもらっていても審査に支障は出ない?

奨学金をもらっていても、カードの審査には影響はありません。

そもそも、カード会社に『奨学金を使って学校に通っているかどうか』までは判断することが出来ないので安心していいですよ。

ただし!大学卒業後に奨学金の返済を延滞すると、未払いアリとして記録されて、新しいクレジットカードは作れなくなるなどの問題が出るので、その点は注意しておくようにしましょうね。

審査が通らない場合があるってホント?

・携帯料金の未払いが続いている場合
・一度に何枚も申し込んでしまっている

こういった場合は、学生向けクレジットカードでも審査が難しくなります。

本来、クレジットカードを全く作っていない学生は、利用履歴が真っ白のはず。

それなのに学生向けのクレジットカードの審査が通らない、なんて時に多い理由としてあげられるのが、携帯料金の未払いです。

短期間の遅延ですぐに支払ったケースが1、2度くらいなら大丈夫ですが、何度もやっているとクレジットカードの審査落ちの理由となります。

また、一度に何枚も申し込みをするのも審査に落ちる理由です。

実は各クレジットカード会社は、申し込んだ人の情報を共有しています。

コレは仮に利用限度額20万円の学生カードを5枚作れてしまった場合、100万くらいの借金が出来る可能性が出てしまうので、その対策ってワケです。

最低でも審査結果が出るまで、確実性を求めるなら6ヵ月は、様子を見ておくようにしましょうね。

さあ、アナタもクレジットカードを作ってみよう!

クレジットカードは正しい使い方をすれば、学生の武器になるものです。

ただしその反面、使いすぎや支払いを分割・リボ払いにしてしまうと身を滅ぼす『支払い地獄』がアナタに襲い掛かってきます。

しかし、学生向けカードなら限度額低めで、ほぼ確実に審査が通るので、1枚持っておくことで、学生生活の中で家計管理の勉強や、金銭感覚をしっかり身に着けることが出来ますよ。

今回紹介した作り方やポイントを抑えて、身の丈に合ったクレカ使いを学んでいきましょう。