基本知識

学生向けクレジットカードのメリットは結構うれしいものだった!?

クレジットカードといえば、『安定した収入のある社会人』の印象が強く、収入が少ない学生には持てないモノ…なんて考えは古い認識。

最近のクレカ事情をひも解くと、学生に向けたクレジットカードが増えてきていて、学生のうちからクレカを持つことが出来るようになっています。

しかも、学生のうちだからこそ一般カードよりもサービスが充実していることが多く、気軽に利用していくことが出来るんですよね。

そこで今回、そんな学生向けクレジットカードのメリットやデメリットをいろいろとまとめてみました!

「クレカを持つかどうか悩んでいる」
なんて思っている人は参考にしていってくださいね。

学生のうちにクレカを持っておいた方が良い理由

そもそも、
「学生のうちからクレジットカードなんて…」

なんて思う親御さんは、結構多いと思います。

確かにクレカは使い方1つで、お金の悩みが尽きなくなることが多いですが、学生のうちからクレジットカードを持つことのメリットもあるんです。

だからこそまずは、『学生がクレカを持つメリット』を簡単に見ていくようにしましょう。

クレカを通して家計管理を学ぶことが出来る

と言っても、一番の理由としてあげておきたいのが、『お金の管理が身につく』ってところですね。

今のクレジットカードは、郵送による明細よりもスマホやパソコンから利用状況を常に確認できる『WEB明細』が主流になりつつあります。

つまり、いつ・どこで・何のためにカードを利用したのかが、気になったタイミングで確認することが出来るんです。

そのため、常に確認する習慣を付ければ家計管理をする習慣も、自然と身に付くようになります。

しかも学生向けクレジットカードは、限度額が低めに設定されているため、使いすぎて返済が困難になる可能性も低いんですよ。

早めにクレヒス(クレジットヒストリー)を築くことが出来る

次に注目してほしいのが、学生時代からクレヒスを作れるところ。

クレヒスは、個人信用情報機関に登録されている、クレジット利用履歴のこと。

学生時代からカードを利用して、きちんと返済していれば『良いクレヒス』が出来て、クレジットカードをはじめとしたすべての借り入れ審査が有利となります。

早い話、将来マイカーを購入するときや家を建てるときには、有利な審査を受けることが出来るってワケです。

今後の人生において最大のメリットとなる『クレヒス』を、学生時代から積んでいくことが出来るのは将来を見据えたプランの1つとしてオススメといえますよ。

学生向けクレジットカードのメリット

学生がクレジットカードを作ることにもメリットはありますが、実は収入の少ない、もしくは収入がない学生でも学生向けクレジットカードを作れるのは、カード会社の先行投資の意味合いがとても強いんです。

というのも、学生の間に取得したカードは、将来も継続利用されることが多く、カード会社にしてみれば顧客の獲得を目的として発行されるので、優遇されることが多くあります。

早い話、学生向けクレジットカード自体にもうれしいメリットが色々とあるってワケ。

ここからは、そんな学生向けクレジットカード自体のメリットをお話していきたいと思います。

審査が通りやすい

まずはコレ。
実は学生向けのクレジットカードの審査基準は、一般カードの審査基準よりもめちゃめちゃ低く、学生のためにのみ作られた審査基準があります。

具体的に言うと…

・返済能力が必要な部分を極力まで抑えている
・アルバイトをしていなくても発行が可能
・携帯電話料金の未払いがなければ審査通過はほぼ確定

こんな感じ。
学生専用カードの審査基準自体も『18歳以上の安定収入がある方(未成年は親権者の同意が必要)』となっていることが多く、より気軽に発行できるようになっています。

年会費無料で一般カードより付帯サービスが豊富

次にあげておきたいのがコレ。
学生向けのクレカ自体が収入の少ない学生をターゲットに作られているカードなので、年会費は基本的に無料です。

しかも、将来の継続利用を意識してもらうために、付帯サービスが一般カードよりも充実していることが多いんですよね。

例えば、学生専用カードの1つでもある『ライフ学生カード』には、最大2000万円の海外旅行保険が自動付帯するだけではなく、申請をすれば海外での利用で5%のキャッシュバックをうけることが出来るサービスが付帯しています。

このほかにも、「学生だけの特権が充実した学生向けクレカ」は多数あるので、自分に合ったクレカを見つける楽しさもあるんですよ。

付帯保険が充実している

これは上の方でも紹介した付帯サービスにも該当することなんですが、学生向けクレカには、年会費が無料にも関わらず一般カード並み、もしくはそれ以上の付帯保険がついていることがあります。

中には、海外旅行保険・国内旅行保険が付帯していないカードもありますが、卒業旅行や留学といった何かと国外に行く機会が多い学生さんだと、コレはうれしいポイントですね。

そのほかにも、クレジットカード自体に盗難保険がついているだけではなく、お買い物を安心してできるショッピング保険などが付帯していることもあります。

こういった付帯保険に強いからこそ、学生向けのクレカが魅力的に映る人も多いんですよ。

還元率が高く、ポイントを効率的に貯めることができる

また、学生向けクレジットカードは一般カードよりも、還元率が高いのも特徴的なポイント。

クレカを持ったことがない方にとって、「還元率って何?」って思うかもしれませんが、簡単に言うと『ポイント付与率』です、コレ。

例えば、コンビニで何か買ったときに、専用のカードを提示するとポイントが付きますよね?

コレはクレジットカードにも同じことが言えて、毎月の支払金額に独自のポイントが作ってワケです。

ちなみに、貯まったポイントは商品券やギフトカードなどの発行や、電子マネーやマイルといったほかのポイントと交換することが出来るので、お買い物がさらにお得になりますよ。

学生向けのクレジットカードのデメリットは特に見当たらない!?

そんな魅力ばっかりあるように見える、学生向けのクレジットカードですが、反対にデメリットはあるのか、気になりますよね。

年会費無料・付帯保険が充実・高還元率と何かとハイスペックな学生向けのクレジットカードですが、デメリットとしてあげるとすれば『限度額の低さ』が気になるところでしょう。

学生向けのクレジットカードは、基本的にほとんどのカード会社の利用限度額が10~30万円に抑えられています。

そのため『ちょっと物足りないかな』なんて思うことも多いと思いますが、学生が利用するには充分すぎる限度額ですし、身の丈に合わない支払いに陥る可能性が低くなるので、特段困ることもないかと思いますよ。

学生がクレカを持つデメリットって何?

でも…学生がクレカを持つこと自体にはデメリットとなる部分もあります。

中でも一番のデメリットとなるのが、リボ払いや分割払いといった『支払い方法』。

一括で支払うことが出来る金額の範囲で、ショッピング等を楽しむならいいのですが、ちょっと使いすぎて「今月支払いが…」ってなると、結果的にリボ払いや分割払いをしてしまうこともあると思います。

倹約家なら大丈夫だと思いますが、それに味を占めて毎月リボ払いで、分割払いでショッピングを楽しんでしまうと、最終的に膨らんだ利息や支払い金額に悩まされる『支払地獄』になりがちです。

限度額が少ないからそこまで心配する必要はないかと思いますが、こういった悩みを抱えないためにも、リボ払いや分割払いは極力しないようにしましょうね

学生の時だけの特典があるからこそ、今からカードを作ってみては?

クレジットカードはアナタ自身の『お金の使い方』の写し鏡のようなもの。

将来アナタが社会人になって、家計の管理をきっちりできる方が、より豊かなものへと変わっていくでしょう。

そのためにも、学生のうちからクレジットカードを持っておくことがおすすめです。

ただ正しい使い方をすれば問題はありませんが、リボ払いや分割払いといった『支払い』の部分には充分注意してください。

限度額が低いとはいえ、楽しい学生時代を支払地獄にしないためにも、身の丈に合った使い方をしましょうね。